top
1

SAINTJAMES(セントジェームス)
SUPER THANKS(スーパーサンクス)
SBTRACT(サブトラクト)
SWEEP!!(スウィープ)
LUEUF(ルフ)
DIARIES(ダイアリーズ)

2

MidiUmi(ミディウミ)
HONNETE(オネット)
FILMELANGE(フィルメランジェ)
SREFAOL(スレファオル)
MIDIUMISOLID(ミディウミソリッド)
TRAVAIL MANUEL (トラバイユ マニュアル)

3

FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)
CURLY(カーリー)
MANDO(マンドー)
BLURHMS(ブラームス)
CAMINANDO(カミナンド)
GICIPI(ジチピ)

4

MOTO(モト)
FLISTFIA(フリストフィア)
YARMO(ヤーモ)
M.I.D.A.(ミダ)
MEANSWHILE(ミーンズワイル)
NANGA(ナンガ)

5

DESTINY'S DIMENSION(デスティニーズディメンション)
ETC BRAND(メンズ)
ETC BRAND(レディース)
会社案内
ご注文方法
お問い合わせ

CURLY【カーリー】


1963年に手袋の産地である香川県(現在では国内生産の9割強を占める)にて手袋製造業を創業。
緻密な縫製テクニックを必要とされる手袋生産で培われた技術を元に1968年、新たにTシャツ、
肌着を縫うカットソー専門の縫製工場を設立。
当初はJAPAN MADEで海外への輸出用カットソーを生産していたが、急速な円高に伴い、
国内向けの生産にシフトしていった。
国内生産全盛期には圧倒的な生産力を元に毎週トラックをチャーターし出荷していた。
その間も独自のミシン改良や生産ラインを確立しクオリティの高さを研究し続けた。
その後、多くの企業が安い労働力を元にした海外生産へシフトしていく中でも、
品質に拘り国内生産を貫き通していた。
やがて製造業を取り巻く環境が負のスパイラルに陥っていく中、取引先に左右されない
自活の道を模索し始める。
そして2009年、セレクトショップで企画、バイイング、販売をこなしていた現デザイナーとの出会いを
期に、「カットソー=Tシャツ」という概念を超えたカットソーブランドを目指し、【CURLY】をスタート。
自社工場での縫製はもちろんオリジナルファブリックの企画、パターン作成、
縫製仕様の選定までも一つ屋根の下で行う事で、各現場とダイレクトにコミュニケーションが取る事ができ、細部のニュアンスまで拘ったモノつくりを可能にしている。
【CURLY】はシーズンごとのテーマを設けずカットソー素材の持つ『リラックス感』や縫製技術を活かし、
各アイテムごとの完成度を追究したラインナップになっており、ワーク、スポーツ、
ミリタリーなどの実用衣料のディティールをベースに、フィールドを日常生活に置き換えカットソーで
再構築する事で、ファッションとプロダクトを融合させた新しいファクトリーブランドを提供している。
表示価格はすべて税込です。
COPYRIGHT(C) trans(トランス)  ALL RIGHTS RESERVED.